登記 分割 / 司法書士 木村 貴裕(谷﨑・木村合同事務所)

司法書士 木村 貴裕(谷﨑・木村合同事務所) > 相続・遺言に関するキーワード > 登記 分割

登記 分割

  • 遺産分割協議書の作成

    この際、作成することになるのが「遺産分割協議書」です。 遺産分割協議書の作成は、決して簡単ではありません。その理由は主に2つあります。1つ目の理由は、「遺産分割協議書を作成する前に、亡くなった方の遺産の全容や詳しい内容を把握しておかなければならない」という点です。遺産分割協議書は、法定相続人による話し合いの後に作...

  • 遺言書の作成するメリット

    遺言書がない場合、法定相続人は話し合いによって遺産を分割しなければなりません。しかし、話し合いによって誰が、どの遺産を承継するのかを決定する際に、多くの相続トラブルが発生してしまう可能性を秘めているのです。大切なご親族様が相続トラブルに巻き込まれてしまう可能性を少しでも少なくするために、遺言書の作成をご検討いただ...

  • 司法書士に相続の相談をするメリット

    1つ目のメリットは、「遺産分割協議書を作成できる」という点です。特に初めて相続を経験された方にとって、遺産分割協議書を作成することは多大な負担になってしまいます。また、ご自身が作成した協議書に不備があった場合、作成し直さなければなりません。つまり、協議書をご自身で作成することには、ご不安がつきものなのです。そのよ...

  • 遺産整理業務でできること

    そして、遺産分割協議を行っていただき、話し合いに合意が得られれば遺産分割協議書を作成いたします。その後は、遺産の内容によって取るべき手続きが異なります。銀行や証券会社、法務局など、手続きを行うべき機関は多岐にわたりますが、司法書士がしっかりとご対応させていただきます。また、登記手続きも重要です。不動産登記など、専...

  • 遺産整理を司法書士に依頼するメリット

    まずは、「相続登記のプロであること」という点です。遺産整理における重要なプロセスの一つに、相続登記があります。相続登記は、ただ単に財産の名義を変えるだけではありません。相続が発生した後、相続トラブルに発展しないよう細心の注意を払って登記を行う必要があるのです。このように、相続登記には専門的な知識と豊富な経験が必要...

  • 遺産承継業務の流れ

    もっとも、相続財産に不動産がある場合には、相続を原因とする登記が必要になったり、また、相続人が複数いる場合には、相続財産をどのように管理するか、また、遺産分割をどのようにするかを決める必要があるなど、実際には、相続に伴い行うべきことは少なくありません。 遺産承継の大まかな流れとしては、まず、相続の対象となる財産を...

  • 相続登記

    民法177条は、不動産については、登記がないと、「第三者」に対して、所有権などの物権については対抗できないとされています。すなわち、第三者に対しては、不動産の所有権を主張するには、登記が必要ということになります。相続の場合にも、被相続人から不動産を譲り受けた場合には、登記をする必要があります。この登記を相続登記と...

  • 相続人調査

    相続は、法的には、被相続人の死亡により自動的に生じることになりますが、実際には、相続人が複数人いる場合には、共有関係に属することになり、さらに、遺産分割手続きの必要性も生じることから、相続人が誰であるかを把握する必要があります。この相続人を把握するための調査を、相続人調査といいます。この相続人調査は、相続、および...

  • 相続財産の確定

    相続財産の確定も、相続人調査と同様に、相続や遺産分割手続きの前提となるものであるため、重要なものです。 実際に相続財産の確定を行う際には、被相続人の自宅や職場にある金融機関の通帳や土地の権利書などを探していくことから始めます。家族である相続人が知らないような財産を被相続人が持っていた可能性もあるため、慎重に手続き...

  • 財産の名義の変更手続きの代行業務

    民法177条は、不動産については、登記がないと、「第三者」に対して、所有権などの物権については対抗できないとされています。すなわち、第三者に対しては、不動産の所有権を主張するには、登記が必要ということになります。 この登記移転手続きは、民法上要求されるものではありますが、民法だけを参照すればいいというわけではなく...

  • 所有者移転登記

    民法177条は、不動産については、登記がないと、「第三者」に対して、所有権などの物権については対抗できないとされています。すなわち、第三者に対しては、不動産の所有権を主張するには、登記が必要ということになります。不動産における物権として主要なものは、所有権です。そのため、誰かから不動産を譲り受けた場合には、所有権...

  • 不動産登記

    民法177条は、不動産については、登記がないと、「第三者」に対して、所有権などの物権については対抗できないとされています。すなわち、第三者に対しては、不動産の所有権を主張するには、登記が必要ということになります。 不動産登記には様々な種類があり、例えば、新しく建物を建てた場合には、所有権保存登記という保存登記が必...

  • 抵当権設定・抹消

    民法177条は、不動産については、登記がないと、「第三者」に対して、所有権などの物権については対抗できないとされています。すなわち、第三者に対しては、不動産の所有権を主張するには、登記が必要ということになります。 金融機関から金銭を借り入れた際に、自己の所有する土地や建物に、抵当権を設定するということがあると思い...

  • 商業登記

    商業登記とは、民法上要求される、不動産の物権における対抗要件としての登記とはことなり、会社法などの法律において要求される登記のことをいいます。具体的な例としては、会社法911条以下において要求されている、株式会社などの会社についての登記があり、株式会社設立の登記などがあります。 商業登記の場合、例えば、会社法で要...

  • 登記業務を司法書士に依頼するメリット

    登記といっても、様々な種類の登記があります。そして、それらは民法や会社法などに基づいており、それとは別に登記手続きなどについて定めた、不動産登記法や商業登記法という法律も参照する必要があり、種類に応じて必要書類なども異なってきます。そのため、各法律を参照して、どのような登記手続きをするべきか判断する必要があります...

当事務所が提供する基礎知識

  • 成年後見制度のメリット・...

    認知症や事故といった出来事によって判断能力が低下してしまった方が安心して生活できるよう補助するのが成年後見制度の役割です...

  • 不動産登記

    民法177条は、不動産については、登記がないと、「第三者」に対して、所有権などの物権については対抗できないとされています...

  • 遺言書にはどのような効力...

    遺言書がもたらす主な効力を以下にご紹介します。 ■遺言書の主な効力・相続人の指定相当な理由が認められる場合には...

  • 遺言書の種類と作成方法

    遺言書はご自身が亡くなった際にその思いを遺された方々へ伝えるための手段です。遺言書は作成の仕方によって3つの種類が存在し...

  • 登記業務を司法書士に依頼...

    登記といっても、様々な種類の登記があります。そして、それらは民法や会社法などに基づいており、それとは別に登記手続きなどに...

  • 遺産整理を司法書士に依頼...

    遺産整理の手続きに関するお悩みが生じた場合、司法書士にご相談いただくことには、どのようなメリットがあるのでしょうか。以下...

  • 抵当権設定・抹消

    民法177条は、不動産については、登記がないと、「第三者」に対して、所有権などの物権については対抗できないとされています...

  • 遺言書の作成するメリット

    「自身の健康上不安はないが、遺言書を作成しようか迷っている」「遺言書の作成にメリットがあるのか知りたい」このように、生前...

  • 遺産整理業務受任者とは?

    「遺産整理業務受任者」という用語は、多くの方にとって聞き慣れない言葉ではないでしょうか。この「遺産整理業務受任者」とは、...

  • 財産の名義の変更手続きの...

    民法177条は、不動産については、登記がないと、「第三者」に対して、所有権などの物権については対抗できないとされています...

よく検索されるキーワード

司法書士紹介

遺産承継業務による相続手続きや、不動産登記、会社設立などの商業登記において、ご依頼者様にわかりやすい簡単な言葉で説明して、丁寧な業務を心掛けています。

  • 司法書士
    木村 貴裕(きむら たかひろ)
  • 所属団体
    大阪司法書士会
経歴
大学時代のアルバイト先である司法書士事務所に、そのまま補助者として勤務したのち、平成12年に司法書士登録、現在事務所を承継し、谷﨑・木村合同事務所の所長となる。

事務所概要

名称 谷﨑・木村合同事務所
所属 大阪司法書士会
代表者 木村 貴裕(きむら たかひろ)
所在地 〒540-0037 大阪市中央区内平野町1-2-6 ダイアパレス大手前7F 704号室
電話番号/FAX番号 06-6947-1241 / 06-6947-1264
対応時間 平日 9:00~17:30(事前予約で時間外対応可能)
定休日 土・日・祝(事前予約で時間外対応可能)

ページトップへ