不動産 いらない / 司法書士 木村 貴裕(谷﨑・木村合同事務所)

司法書士 木村 貴裕(谷﨑・木村合同事務所) > 相続・遺言に関するキーワード > 不動産 いらない

不動産 いらない

  • 遺産整理業務でできること

    不動産登記など、専門的な知識を要する手続きを司法書士が代わりに進めます。 このように、司法書士が遺産整理業務でできることは様々です。お客様にとって信頼できる司法書士にご依頼いただくことによって、遺産整理の際、心強いサポートを受けることができるでしょう。 司法書士 木村貴裕(谷崎・木村合同事務所)は、相続をはじめと...

  • 生命保険金・給付金の調査と請求手続き(削除)法定相続情報証明制度

    遺産整理の手続きを進めるためには、不動産であれば法務局、預貯金であれば銀行などの金融機関と、手続きをするごとに戸籍謄本等の束を提出しなければならず、相続人の負担となっていました。 そこで、平成29年5月から、戸籍謄本等一式とその他必要書類、法定相続情報一覧図(家系図のようなもの)を添えて、法務局へ提出することによ...

  • 遺産承継業務の流れ

    もっとも、相続財産に不動産がある場合には、相続を原因とする登記が必要になったり、また、相続人が複数いる場合には、相続財産をどのように管理するか、また、遺産分割をどのようにするかを決める必要があるなど、実際には、相続に伴い行うべきことは少なくありません。 遺産承継の大まかな流れとしては、まず、相続の対象となる財産を...

  • 相続登記

    民法177条は、不動産については、登記がないと、「第三者」に対して、所有権などの物権については対抗できないとされています。すなわち、第三者に対しては、不動産の所有権を主張するには、登記が必要ということになります。相続の場合にも、被相続人から不動産を譲り受けた場合には、登記をする必要があります。この登記を相続登記と...

  • 財産の名義の変更手続きの代行業務

    民法177条は、不動産については、登記がないと、「第三者」に対して、所有権などの物権については対抗できないとされています。すなわち、第三者に対しては、不動産の所有権を主張するには、登記が必要ということになります。 この登記移転手続きは、民法上要求されるものではありますが、民法だけを参照すればいいというわけではなく...

  • 所有者移転登記

    民法177条は、不動産については、登記がないと、「第三者」に対して、所有権などの物権については対抗できないとされています。すなわち、第三者に対しては、不動産の所有権を主張するには、登記が必要ということになります。不動産における物権として主要なものは、所有権です。そのため、誰かから不動産を譲り受けた場合には、所有権...

  • 不動産登記

    民法177条は、不動産については、登記がないと、「第三者」に対して、所有権などの物権については対抗できないとされています。すなわち、第三者に対しては、不動産の所有権を主張するには、登記が必要ということになります。 不動産登記には様々な種類があり、例えば、新しく建物を建てた場合には、所有権保存登記という保存登記が必...

  • 抵当権設定・抹消

    民法177条は、不動産については、登記がないと、「第三者」に対して、所有権などの物権については対抗できないとされています。すなわち、第三者に対しては、不動産の所有権を主張するには、登記が必要ということになります。 金融機関から金銭を借り入れた際に、自己の所有する土地や建物に、抵当権を設定するということがあると思い...

  • 商業登記

    商業登記とは、民法上要求される、不動産の物権における対抗要件としての登記とはことなり、会社法などの法律において要求される登記のことをいいます。具体的な例としては、会社法911条以下において要求されている、株式会社などの会社についての登記があり、株式会社設立の登記などがあります。 商業登記の場合、例えば、会社法で要...

  • 登記業務を司法書士に依頼するメリット

    そして、それらは民法や会社法などに基づいており、それとは別に登記手続きなどについて定めた、不動産登記法や商業登記法という法律も参照する必要があり、種類に応じて必要書類なども異なってきます。そのため、各法律を参照して、どのような登記手続きをするべきか判断する必要がありますが、これは、必ずしも容易なことではありません...

当事務所が提供する基礎知識

  • 相続放棄とは

    「故人の遺産を調査したところ、逆に多くの借金を抱えていたことが判明した」相続において、このような事実が明らかになり、頭を...

  • 口頭で伝えられた遺言に効...

    生前に、遺産分割について遺言を遺そうと検討している方が増えています。もっとも、その遺言が書面ではなく動画なども含め口頭で...

  • 八尾市にお住まいで遺言書...

    遺言書は単に紙に書けばよいというものではありません。遺言書は法律で定められた方式に沿っていなければ、無効になってしまいま...

  • 遺留分とは?

    「故人が遺していた遺言に納得できない点がある」「故人の遺言は絶対に守らなければならないのだろうか?」お客様から、このよう...

  • 東大阪市の遺産承継に強い...

    相続が開始すれば、金融機関や不動産に関して手続きをしなければならなかったり、普段連絡を取っていなかった親族と遺産に関する...

  • 遺産分割協議書の作成

    亡くなった方に遺言書が残されていなかった場合、法定相続人が話し合い、どの遺産を誰が、どのくらい相続するのかを決める必要が...

  • 相続人調査

    相続は、法的には、被相続人の死亡により自動的に生じることになりますが、実際には、相続人が複数人いる場合には、共有関係に属...

  • 遺産承継業務の流れ

    相続とは、人が死亡した場合に、その死者と一定の親族関係にあるものが財産上の法律関係を当然に、かつ包括的に承継することをい...

  • 遺産整理を司法書士に依頼...

    遺産整理の手続きに関するお悩みが生じた場合、司法書士にご相談いただくことには、どのようなメリットがあるのでしょうか。以下...

  • 財産の名義の変更手続きの...

    民法177条は、不動産については、登記がないと、「第三者」に対して、所有権などの物権については対抗できないとされています...

よく検索されるキーワード

司法書士紹介

遺産承継業務による相続手続きや、不動産登記、会社設立などの商業登記において、ご依頼者様にわかりやすい簡単な言葉で説明して、丁寧な業務を心掛けています。

  • 司法書士
    木村 貴裕(きむら たかひろ)
  • 所属団体
    大阪司法書士会
経歴
大学時代のアルバイト先である司法書士事務所に、そのまま補助者として勤務したのち、平成12年に司法書士登録、現在事務所を承継し、谷﨑・木村合同事務所の所長となる。

事務所概要

名称 谷﨑・木村合同事務所
所属 大阪司法書士会
代表者 木村 貴裕(きむら たかひろ)
所在地 〒540-0037 大阪市中央区内平野町1-2-6 ダイアパレス大手前7F 704号室
電話番号/FAX番号 06-6947-1241 / 06-6947-1264
対応時間 平日 9:00~17:30(事前予約で時間外対応可能)
定休日 土・日・祝(事前予約で時間外対応可能)

ページトップへ